あの日、あの時、あの場から~人生は出逢いで決まる⑦~

前回のブログはこちら

蜂のように刺す!

今でもはっきりと覚えています。

それは私が高校3年生だった昭和51年(1976年)6月25日、金曜日の夜8時半過ぎ。

私が家族と一緒に、テレビで新日本プロレスのアントニオ猪木の試合を見ていた時、それは起こりました。

なぜ、そこまで日時をはっきり覚えているかというと、その翌日の6月26日には、世紀の異種格闘技戦:アントニオ猪木VSモハメド・アリという「格闘技世界一決定戦」が予定されている前の日だったからです。

なので、私が前日にテレビで見たのは、VTRでの猪木の他の試合だったのだと思います。

 

そんなことはともかく、テレビの前に横たわってプロレスの試合を見ていた私は、ふと右の眼が急に痒くなりだし、無意識のうちに右手の指で眼をこすり続けていました。

すると、ある瞬間から、「うっ、痛っ!」。

右眼が急に痛くなり、涙が次から次へと溢れてきて・・・。

慌てて洗面所に駆けていき、鏡を見た時には、既に右の眼は真っ赤に充血して、痛みと涙でまともに鏡を見続けることもできなくなっていました。

 

「蝶のように舞い、蜂のように刺す」と形容されたモハメド・アリではないけれど、私の眼は、まさしく蜂にでも刺されたような痛みに震えていました。

 

翌日、当時はまだ土曜日もしっかり授業はありましたが、あまりの痛さに私は学校を休み、近くの眼科に駆け込みました。

診察の結果は、「急性角膜炎」。

前の晩に眼を強くこすった際に、角膜を傷つけてしまったのだろうとのことでした。

 

あまりの痛さに眼を開けられない私は、「どれぐらいで治りますか?」と聞いた覚えがあります。

眼科医は確か1週間から10日、と答えたかと思いますが、治療としては、点眼とビタミンBの軟膏を付けて、ガーゼの上から赤外線だかで温めるというものだったと思います。

当時としては、それぐらいのことしか治療法としてはなかったのでしょうか。

 

その時点での症状は、充血、眼の異常な痛み、涙、まぶしさ。

翌日曜日は、自宅でおとなしくして、次の日の月曜日から学校には行きました。

しかし・・・、

 

黒板の字が涙でかすれて見えないのです!

耐えがたい眼の痛みと、教室の天井の蛍光灯の明かりが異常にまぶしくて、まぶしくて、両目をまともに開けていられないのです。

 

いや、正確には、角膜を傷つけたほうの目は眼帯をしていたので、もう片方の眼は大丈夫なはずなのに・・・。

同じく、まぶしくて、痛くて、涙が次から次へと流れてきて・・・。

 

板書された文字の全てが、涙とともに押し流されて行きます。

 

その日は、それ以上教室に居ることができず、午前中のうちに早退をしました。

しかし、翌日も、さらにその翌日も、症状は一向に改善はしません。

「眼医者は、1週間から10日ぐらいはかかると言ってたな。

 しょうがない。あと数日の辛抱だ。

 とりあえず、大袈裟でカッコ悪いけど、学校には黒いサングラスをかけて行こう」

 

それから1週間ほど、私はサングラスをして登校しました。

徐々に充血は治まり、涙も枯れてしまったのか、流れなくはなりました。

しかし、眼の痛みとまぶしさは相変わらず。

それを抑えるには、眼をつぶっているしかありません。

なので、授業を受けてはいても、実際にはサングラスの下で眼を閉じて、教師の説明を聞いているだけでした。

 

その後、眼の痛みが完全に取れるまでに、なんと丸2年もの月日を要するとは・・・、

その時は思いもよりませんでした。

(つづく)

更新情報を受け取る

神奈川県立高等学校教諭を経て、1995年度から神奈川県教育委員会生涯学習課にて、社会教育主事として地域との協働による学校づくり推進事業に携わる。

その後、神奈川県立総合教育センター指導主事、横浜清陵総合高校教頭・副校長を経て、2008年度から高校教育課定時制単独校開設準備担当専任主幹。

2009年11月、昼間定時制高校の神奈川県立相模向陽館高等学校を、初代校長としてゼロから立ち上げ、良好な人間関係の構築とセルフ・コントロールを目指す選択理論心理学を学校経営の根幹に据えた、日本初のクオリティ・スクールの創設を目指す。

2012年4月から神奈川県立総合教育センター事業部長を経て、2014年3月に神奈川県を早期退職後、学校法人帝京平成大学現代ライフ学部児童学科准教授として、教員養成に携わる。

2018年3月に大学を早期退職し、同年4月に、大学勤務の傍ら身につけた新手技療法「ミオンパシー」による施術所:「いぎあ☆すてーしょん エコル湘南」を神奈川県茅ケ崎市にオープンし、オーナー兼プレイングマネージャーとして現在に至る。

今すぐ予約が確定するオンライン予約はこちらから
その他、お問い合わせ等は、0467-87-1230(やな、いたみゼロ)まで。