Live Together:ともに生きる その5

人間関係で悩んだ時に

 

こんにちは。エコル湘南の伊藤昭彦です。

私たちは、日常の生活を送る中で、幾つもの悩みを抱えて生きていますが、

その個々の悩みの原因となっている源を探っていくと、

その根っこには、人間関係、対人関係のもつれが絡んでいる、と言われています。

そして、私たちがその悩みを解決するために、ついつい行ってしまうことが、

自分を悩ましている人の悪口や愚痴を言ったり、直接、攻撃したりする。

あるいは、陰でその人に対して、嫌がらせやハラスメント行為を行う。

また、あるいは、自分を取り巻いている環境に対して文句を言う、

ということかと思いますが、それを行っても問題が解決するわけではありません。

そして、私たちは悩みを抱えて、どうしたらよいかわからなくなってしまった時に、

友人など、話を聞いてアドバイスをもらえそうな人に相談をしたりしますが、

相談相手も、往々にしてその人の意見や感想、その人自身の対処法を言うだけで、

本当に親身になって、悩んでいる人にとって有意義な対話をしてくれることは、

案外少ないということも、私たちはたくさん経験していることかと思います。

その結果、私たちは仕方なく、「悩み」という先行きの見えない道のりを、

彷徨うことになってしまいがちです。

そんな時に、自分の悩みを冷静に客観的に聞いてくれた上で、

一緒に課題解決に向けて考えてくれる本物の「カウンセラー」に、

相談に乗ってもらおうと考える人は、ほとんどいないのではないでしょうか。

そこでこのたび、その「悩める人」に対して、カウンセラーが行うカウンセリング

の一部を「ロールプレイ」という方法でご覧いただける動画を作成いたしました。

ロールプレイとは、実際に悩んでいる人相手に行う本物のカウンセリングではなく、

人々の身近でありがちな「悩み」を事例として取り上げ、

「悩める人=クライアント役」に対して、「カウンセラー役」が比較的短時間の

カウンセリングを行い、カウンセラーとクライアントが、

一緒に課題解決に向けて意見交換をしていく、というものです。

このロールプレイを行うと、実に様々な事ごとに気づかされます。

例えば、悩みの内容は異なっても、悩んでいる人に共通することがあります。

悩んでいる人の話や訴えを聞いていると、必ずと言ってよいほど、

自分以外の人間や自分が置かれている環境・状況に対する「文句」と「言い訳」

が口をついて出てきます。

自分は悪くなく(自己正当化)、すべては周りの人間が悪い。

あるいは、自分はちゃんとしているのに、

周りの環境が悪いのですべてがうまくいかない・・・、などというように。

このように、文句や言い訳が多い「悩める人」に対して、
あるいはまた、為すすべがなく、八方塞がりなクライアントに対して、

動画でのカウンセラー(伊藤)は、どのように対応していくのでしょうか。

今回、動画「人間関係のトラブルで悩まないために」の
【家庭編:親子関係その1では、

https://www.udemy.com/parent_child_relationship1/

・小学校6年生の一人娘に、スマホを買い与えたことで、
 娘がスマホに夢中となり、関係が険悪になってしまった父親
 の悩み
・心臓病を患った父親が、医者にも止められている喫煙を止め
 てくれず、心配で禁煙を迫った結果、父親との関係が悪化し
 てしまった娘の悩み

さらに、

【家庭編:夫婦関係その1では、

https://www.udemy.com/marital_relationship1/

・二人兄弟の長男にだけ、何かと口やかましく厳しく接する夫
 に対してどのように対応したらよいか分からず、悩んでいる
 妻の悩み
・結婚25年を過ぎた妻が、箸の上げ下げから始まり、何かと命
 令口調で注意をすることに閉口し、辟易としてしている夫の
 悩み
をそれぞれロールプレイ事例として取り上げています。

このたび、動画リリースを記念して、それぞれの動画を

特価で入手できるクーポンを各10枚発行いたしますので、

ご活用いただければ幸いです。(有効期限:12月18日まで)

【親子関係その1クーポン】
https://www.udemy.com/parent_child_relationship1/…

【夫婦関係その1クーポン】
https://www.udemy.com/marital_relationship1/…

更新情報を受け取る