シンガポール事情:兵役編その2

 

前回の記事はこちら

 

届いた通知には「あなたは陸軍の所属となりましたのでお伝えします。

2月の10日10時にPasir ris に集合してください。」と書かれていました。

 

私は手紙を読んで、なぜPasir risに集合するのかと不思議に思いました。

Pasir ris という所はシンガポールのチャンギ国際空港に近い、

海岸エリアとして知られています。

 

Pasir risは、シンガポールに来る観光客はあまり知らない所ですが、

シンガポール人は休みの日にBBQや魚釣りをしに行く所なので、

兵役の前にピクニックでも行かせてくれるのかと思いました。

ところが、これは後で知ることになるのですが、

Pasir risは、地獄のような生活を送る島送りになる人が集められる所だったのです。

 

さて、Pasir ris行きまで、50日ぐらいの日数がありました。

徴兵されたら、遊ぶことやおいしい食べ物を味わうことができないと思った私は、

マレーシアやインドネシアに旅行をしました。

 

2016年の1月14日、インドネシアのジャカルタに滞在していた時、

なんとIS(イスラム国)の過激派がジャカルタの町を爆破して、

無差別殺人テロを起こしたのです。

 

私は、その日は出かけずにホテルに居たので無事でしたが、

怖くなってあわててスケジュールを切り上げて、

シンガポールに帰国する、という散々な目に遭いました。

 

シンガポールに帰ってからは、兵役に備えて、身体を鍛える日々を送りました。

なぜならば、私には1歳年上で、すでに徴兵されている兄がいて、

その兄に、「アキヒロはなまっちょろいから、徴兵されてもサバイブできないぞ」

と脅かされたからです。

 

そして、運命の2月10日を迎えました。

Pasir risに着くと、自分と同じように徴兵された人がたくさん集まっていました。

もちろん顔見知りはいませんでしたので、少し不安でした。

 

なぜならば、私は18歳まで日本人学校に通っていたので、

いわゆるシンガポール人の同世代の友だちはほとんどいなかったのです。

 

その人たちをPasir risで初めて見た時の私の印象は、

眼鏡をかけたガリ勉タイプやチャラい雰囲気プンプンの人、

いかにも頼りなさそうな人が多く、

自分のことは棚に上げて、こんなんで大丈夫なのかなと思いました。

 

さて、私たちが集められた場所は、Pasir ris ferry terminalというところで、

30分後に荷物を持ちフェリーに乗り、着いた先はPulau tekongという小さな島でした。

                                                                                                 (つづく)

 

 

更新情報を受け取る