あの日、あの時、あの場から~人生は出逢いで決まる⑧~

前回のブログはこちら

弱り目に祟り目

眼の痛みとまぶしさと涙で、高校での授業がまともに受けられないまま・・・、
1週間ほどが経ちました。

眼薬がそろそろなくなる時期でもあったので、再び眼科に行き、その後の状況を説明し、診察してもらうと・・・、

なんと、既に角膜炎は治っているとのこと!

「確かに激烈な痛みは遠のいたけれど、でも、朝起きてから夜寝るまで、眼を開けている間じゅう痛い。

この眼の痛みとまぶしさは、いったい何なのだろう?」・・・。

 

眼医者曰く、

「眼精疲労だと思う。眼の使い過ぎだと思うので、あまり細かな文字を見たりするのを控えて、なるべく眼を休めて・・・。とりあえず瞳を大きくする薬を出しておくね。」

 

確かに受験生だけど、これまではそんなに勉強なんかしてきてないよ。でも、さすがに7月に入ったことだし、そろそろ受験勉強に本腰を入れなきゃ、と思っていた矢先の眼の病気!

それに、何それ?瞳を大きくする薬?

そんなんで、この激烈な眼の痛みが治るとは思えないんだけど・・・。と、眼医者に言うことはできず、半信半疑のまま、暫くはその点眼で様子を見ることに・・・。

 

私が通っていた高校は、進学先がトウダイも含め、国公立大学にもそこそこ入り、4人に1人はソウケイに受かってしまうという、いわゆる進学校でした。

なので、私も国公立は無理だとしても、せめて都の西北まで通って、当時、興味・関心のあった考古学でもできれば・・・、

と思って、受験勉強のエンジンをかけようとしていた矢先に、思わぬ事態に陥ってしまったのです。

 

それに、7月に入り、1学期の学期末試験も目前に迫っていました。

今と違って、大学入試はそのほとんどが、いわゆる筆記試験一発で合否が決まるシステムで、推薦入学制度などあったような、なかったような・・・。

仮に、あったとしても、同級生は皆「推薦なんて・・・」といった感じで、歯牙にもかけない、気概のようなものがありました。

なので、授業に集中することはもちろん、定期試験に対しても、別に内申点を上げる、というセコい考えからではなく、ごく当たり前に前向きに取り組む、といった雰囲気がクラスや学校全体にはありました。

 

それなのに、自分は・・・。

板書もよく見えず、教科書に眼を落しても、痛みと涙で長続きせず・・・。
何をするにしても、集中力を保てなくなってしまっていました。

おまけに、瞳を大きくする薬って、いったい何なんですか!
瞳が開いて、ピントがちっとも合わないじゃないか!
それに、瞳孔が開いたら、余計まぶしくなってしまうじゃないか!

俺に勉強するなって言ってんのか!・・・

「弱り目に祟り目」とは、まさしくこのこと。
物事にはあまり動じない性格の私でしたが、さすがに焦りを感じてきました。

 

お察しのとおり、期末試験の結果は散々でした。

「まぁ、一般入試は内申など関係ないし・・・。でも、この眼、ほんとに治さないとまずいな。どうにかしなきゃ。
もう少し大きな病院に行ってみるか。」

そうして、横浜市神奈川区内にある総合病院の眼科にかかったのは、あと数日で夏休みに入る
という頃だったと思います。

 

診察時に、6月下旬に眼をこすっていたら、急に痛くなって、眼が真っ赤に・・・、と
これまでの経緯を話し、とにかく眼の痛みとまぶしさを何とかしてほしいと、懇願しました。
(この時には、涙が止めどなく流れるという症状は、だいぶ軽減していました)

 

初診時の比較的年配の先生が、ひととおり診察した後、視力検査をしました。

視力検査担当の先生は、比較的若く、そしてイケメンでした。
その昔、甲子園を沸かせた、三沢高校の太田浩二投手に似ていたことを覚えています。

その太田投手曰く、
「少し、乱視気味だね。乱視の人は眼が疲れやすいんだよ。眼鏡作る?」

「眼鏡を掛ければ、治りますか?」

「ああ、今よりは楽になると思うよ!」

 

こんな簡単なやり取りの末、私は生まれて初めて眼鏡を掛けることになりました。
もう、眼鏡に賭けるしかなかった、というのがその時の心境でした。

その場で、横浜駅西口の、とある眼鏡屋への紹介状を書いてもらい、帰宅しました。

 

数日後、私がその紹介状を持って、指定された眼鏡屋に出向くと・・・。

なんとそこには、あの太田投手が店のユニフォームを着て、立っているではありませんか!
「???」

 

しかし、なんでここに居るのですか?とも聞けずに・・・、
なんか不思議な気持ちを抱きながらも、私は太田投手に眼鏡を作るための検眼をしてもらいました。

 

結局、太田投手の本業は眼鏡屋の店員で、週に何回か、病院に検眼に出向いていたのですね。
もう少し大人になってから、そんな仕組みに気が付きました(笑)。

今は、そういう仕組み自体、許されていないとは思いますが、当時はそういった時代だったのでしょうね。

 

とにもかくにも、数日後から私は、サングラスの代わりに、自分用に誂えた眼鏡をかけることになりました。
シルバーのメタルフレームで、まぶしさを軽減するために、ブルーのようなグリーンのような薄い色が入り、光が当たると、それらの色が反射して綺麗な色を発するような、なかなかかっこいいデザインの眼鏡でした。

この書きぶりからもお分かりのように、その時、私は眼鏡を掛けるということに、少々喜びを感じていました。

これで眼の痛みとまぶしさが治まる!との期待も、もちろんありましたが、正直なところ、それ以上に、眼鏡を掛けるということが、何か嬉しかったのです。

まったくの子どもでした。

 

それはともかく、喜んで掛けた眼鏡の効果のほどは・・・。

(つづく)

更新情報を受け取る

神奈川県立高等学校教諭を経て、1995年度から神奈川県教育委員会生涯学習課にて、社会教育主事として地域との協働による学校づくり推進事業に携わる。

その後、神奈川県立総合教育センター指導主事、横浜清陵総合高校教頭・副校長を経て、2008年度から高校教育課定時制単独校開設準備担当専任主幹。

2009年11月、昼間定時制高校の神奈川県立相模向陽館高等学校を、初代校長としてゼロから立ち上げ、良好な人間関係の構築とセルフ・コントロールを目指す選択理論心理学を学校経営の根幹に据えた、日本初のクオリティ・スクールの創設を目指す。

2012年4月から神奈川県立総合教育センター事業部長を経て、2014年3月に神奈川県を早期退職後、学校法人帝京平成大学現代ライフ学部児童学科准教授として、教員養成に携わる。

2018年3月に大学を早期退職し、同年4月に、大学勤務の傍ら身につけた新手技療法「ミオンパシー」による施術所:「いぎあ☆すてーしょん エコル湘南」を神奈川県茅ケ崎市にオープンし、オーナー兼プレイングマネージャーとして現在に至る。

今すぐ予約が確定するオンライン予約はこちらから
その他、お問い合わせ等は、0467-87-1230(やな、いたみゼロ)まで。