あの日、あの時、あの場から~人生は出逢いで決まる①~


ミオンパシーとの出逢い

2018年、平成最後の年の4月吉日。

私は新旧の知り合いに、次のような挨拶状を出しました。

 

日一日と暖かくなり、日中は気持ちのよい陽気となりました。

はや夏を思わせるような日差しの強さですが、いかがお過ごしですか。

さて、私ことこのたび、4年間勤めました学校法人帝京平成大学を、3月をもって早期退職し、4月からは全く初めての仕事に転職いたしましたので、ご報告申し上げます。

1958年生まれの私は、今年の秋に還暦を迎えます。

ついては、生まれ変わったつもりで、今後の人生を悔いなく生きるにはどうしたらよいか、との自問に対し、残りの人生を「痛みや苦しみで悩む人の、こころとからだを同時に癒すセラピスト」として生きる、という答えを出しました。

55歳で神奈川県教育委員会を早期に退職し、公募に応じて入った帝京平成大学では、主に小学校や特別支援学校の教員を目指す学生たちに、これまでのキャリアを生かして教授に当たってきましたが、実はこの間、左右の五十肩、腕のしびれ等に悩まされておりました。

様々な治療法を試みるも改善せず、選択理論心理学の学友で、新手技療法ミオンパシーの創始者である松尾毅総院長の施術を受け、首・肩・腕周りの凝りやしびれが、改めて15歳の時の事故の古傷が背景にある後遺症であることを知り、ミオンパシーによる治療に取り組み、改善を図ることができました。

(15歳の時に、つかまっていたバスの吊り革が切れて、無防備の状態でステップに投げ出され、左側頭部と左肩を強打。その後、頭痛、首・肩・背中の凝り、眼精疲労等の後遺症に四苦八苦しながらも、かねてからの教師になりたいとの希望を叶えるため、一時諦めていた大学進学を果たした、という経緯がございました。)

そして、これまでの選択理論心理学に基づくリアリティセラピーによるカウンセリングの経験とミオンパシーの施術体験から、「こころとからだの不調は、相互に関連している」ということを痛感し、転職を決意するに至った次第です。

大学で教鞭をとる傍ら、2017年秋からミオンパシーの整体塾生として松尾毅総院長に師事し、「上級コース」と併せて「輝き顔コース」を修了し、この4月4日から神奈川県茅ケ崎市松が丘の湘南の地に、新店舗「いぎあ☆すてーしょん エコル湘南」のオーナーとなり、自らもプレイングマネージャー兼カウンセラーとして既に働いており、ありがたいことにリピーターも徐々に増えてきております。

「エコル」とは、ハワイ語で「3」を意味します。この「3」は、「エコル湘南」では「からだ」と「こころ」と「健康」の3つを指します。したがって「エコル湘南」では、この三位一体を経営理念に掲げ、お客様の幸福を支援するために、心を込めて取り組んで参る所存です。

何かとお忙しいこととは存じますが、今後共ご支援ご厚情を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

「いぎあ☆すてーしょん エコル湘南」

〒253-0025神奈川県茅ヶ崎市松が丘2-13-53 ヒルサイドビル2F

☎0467-87-1230(ヤナ イタミゼロ)   http://igia-shonan.com

伊藤昭彦

 

以上のような経過をたどり、私がミオンパシーの施術者=ミオンパスとしてデビューしてから、早5ヶ月が経ちました。

 

ところで、先日、教育関係の仕事に就いている方で、この挨拶状を受け取った方が、私の別の知り合いの人に会った時に、次のように言っていた、と伝え聞きました。

「ねぇ、〇〇さん、伊藤さんは平気なの?なんか悪い宗教か何かに捕まって、お金をだまし取られたりしてないだろうね?早まったこと、しちゃったんじゃないの?」。

それを聞いた私は思わず苦笑してしまいましたが、「なるほど、あの挨拶状だけでは、そう受け取る人もいるんだな。確かに、大学で教えていた者が急に辞めて整体師になるって聞いたら、気でもふれたのかと思う人がいても無理ないかぁ(笑)。それで、何て答えたの?」と聞き返すと、〇〇さんは、「そんなことはないですよ!私も伊藤さんの施術を何回か受けていますけど、けして怪しいものではないし、効果も感じていますからご安心を!」と答えてくれた、とのことでした。

そして〇〇さんは私に、こうも付け加えました。

「でも、世間の常識から言えば、きっと伊藤さんの行動が理解できないのでしょう。と。

それに対して私は、

「そうかもしれないね。それに、60の手習いじゃないけど、そんな歳でそう簡単に新しいこと始めたって、たいした技術も身につかないだろう、って高をくくっているのかもね。

道理で、挨拶状出した人は、ほとんど施術を受けに来てくれてないや」と笑いました。

 

なので、どうして私が還暦を前に、改めて未知の世界でゼロからのスタートを切ることにしようと考えたのか。

これまでの人生の足跡を思い出しながら、このブログの場で、もう少し丁寧にたどっていきたいと思います。

(つづく)

更新情報を受け取る

神奈川県立高等学校教諭を経て、1995年度から神奈川県教育委員会生涯学習課にて、社会教育主事として地域との協働による学校づくり推進事業に携わる。

その後、神奈川県立総合教育センター指導主事、横浜清陵総合高校教頭・副校長を経て、2008年度から高校教育課定時制単独校開設準備担当専任主幹。

2009年11月、昼間定時制高校の神奈川県立相模向陽館高等学校を、初代校長としてゼロから立ち上げ、良好な人間関係の構築とセルフ・コントロールを目指す選択理論心理学を学校経営の根幹に据えた、日本初のクオリティ・スクールの創設を目指す。

2012年4月から神奈川県立総合教育センター事業部長を経て、2014年3月に神奈川県を早期退職後、学校法人帝京平成大学現代ライフ学部児童学科准教授として、教員養成に携わる。

2018年3月に大学を早期退職し、同年4月に、大学勤務の傍ら身につけた新手技療法「ミオンパシー」による施術所:「いぎあ☆すてーしょん エコル湘南」を神奈川県茅ケ崎市にオープンし、オーナー兼プレイングマネージャーとして現在に至る。

今すぐ予約が確定するオンライン予約はこちらから
その他、お問い合わせ等は、0467-87-1230(やな、いたみゼロ)まで。