あの日、あの時、あの場から~人生は出逢いで決まる⑭~

前回の記事はこちら

煩悩のかたまり

やることなすことがうまくいかず、すべて裏目に出て・・・。

 

10月のとある日曜日に、落ち込んでいる私を慰めようとしてくれたのか、

鎌倉に住む友だちたちが、私を鎌倉散策に誘ってくれました。

 

鎌倉と言えば・・・、

私はその友だちの一人と、高校2年生の時に「報国寺」の坐禅会に

行ったことがありました。

もちろん、まだ眼が痛くなる前のことです。

 

“竹寺”として有名な鎌倉の報国寺では、

毎週日曜午前7時半より、迦葉堂(かしょうどう)にて

一般の方も参加できる「日曜坐禅会」が行われていたのです。

(これは昭和34年11月から、年中無休で現在でも行われています。

 予約不要で、初心者にも丁寧に指導してくれると好評のようです。)

 

高校2年生、17歳で、坐禅?

不思議に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが・・・、

友だちに誘われ、物珍しさ、物見遊山で、

といった感じも、もちろんありましたが、

でも、やはり、坐禅でもして、精神統一をし、

様々な邪念を振り払おう、との気持ちもあったのだと思います。

邪念の中身は忘れましたが( ´艸`)。

 

報国寺では、3つのイベントがあったと思います。

順番は忘れましたが、確か、メインイベントの“坐禅”。

そして“庭掃除”と“朝食の粥”。

 

今もそうなのかは、わかりませんが、

坐禅を行う前に、袴に履き替えました。

私たち同様、初めて参禅する人の中には、

袴の履き方がわからず、前後逆さまに履いている人もいました(笑)。

 

坐禅は確か、お線香が燃え尽きる時間行ったと思います。

そんなことも初めて知りました。

 

クッションのような丸い座布団ふうのものの上に座り、

結跏趺坐(けっかふざ)に足を組み、印を結び、

目は半眼といって、僅かに開いて45度に視線を落として・・・、

いざ開始。

 

しかし、邪念を払うために参加したのに、

これがなかなかうまくいきません。

眠くなることはなかったのですが、

無心になろうとすればするほど、

次から次へとつまらぬ事々が頭に湧いてきて・・・、

集中できないのです。

 

不思議ですね。

坐禅を組んでいて、集中が乱れてくると、

自然と姿勢が前屈みになってくるのです。

すると、私たちの背後で、

私たちの坐禅ぶりを見守りながら巡回していたお坊さんが、

姿勢の崩れた者の肩を“警策”で打ちすえ、警告を与えるのです。

 

10分も経過すると、あちこちで、“ビシッ!”という音が・・・。

 

あ、またやられてる、と思った次の瞬間、

警策が私の肩に軽く触れ・・・、“ビシッ!”

 

“いてぇ!”と思っただけで、実は全然痛くはなく、

それよりも、ビックリして、背筋が“ピーン!”とまっすぐに。

それほど、前屈みになっていたんですね(笑)。

 

それでも、その後も雑念との闘い・・・。

結局、終了するまで、そんなこんなの繰り返しでした。

 

“無我の境地”に入る、ということは途轍もないことなんだなぁ。

栄西禅師も道元禅師も、凄い人たちなんだな、などと、

わかったようなことを思いながら、

つづいては、庭の清掃。

 

これがまた、広いやら、落ち葉だらけやらで、大変だったと記憶しています。

 

そして、ようやく朝食。

朝早く、家を出たので、お腹はペコペコ。

ただし、振舞われたのは、お粥と梅干一つだったような・・・。

でも、とってもおいしく、

はらわたに染みわたるとは、こういうことを言うんだな、

とご馳走になりました。

 

そのおよそ1年後、

雑念、邪念、邪心に憑りつかれ、

悩みの塊のようになった自分が、また、鎌倉を訪れ・・・。

 

そして、散策の途中で、

胃袋を鷲づかみにされるような激痛に襲われるとは、

思ってもみませんでした・・・。

                       (つづく)

更新情報を受け取る

神奈川県立高等学校教諭を経て、1995年度から神奈川県教育委員会生涯学習課にて、社会教育主事として地域との協働による学校づくり推進事業に携わる。

その後、神奈川県立総合教育センター指導主事、横浜清陵総合高校教頭・副校長を経て、2008年度から高校教育課定時制単独校開設準備担当専任主幹。

2009年11月、昼間定時制高校の神奈川県立相模向陽館高等学校を、初代校長としてゼロから立ち上げ、良好な人間関係の構築とセルフ・コントロールを目指す選択理論心理学を学校経営の根幹に据えた、日本初のクオリティ・スクールの創設を目指す。

2012年4月から神奈川県立総合教育センター事業部長を経て、2014年3月に神奈川県を早期退職後、学校法人帝京平成大学現代ライフ学部児童学科准教授として、教員養成に携わる。

2018年3月に大学を早期退職し、同年4月に、大学勤務の傍ら身につけた新手技療法「ミオンパシー」による施術所:「いぎあ☆すてーしょん エコル湘南」を神奈川県茅ケ崎市にオープンし、オーナー兼プレイングマネージャーとして現在に至る。

今すぐ予約が確定するオンライン予約はこちらから
その他、お問い合わせ等は、0467-87-1230(やな、いたみゼロ)まで。