あの日、あの時、あの場から~人生は出逢いで決まる⑰~

前回の記事はこちら

17、18、19と・・・

高校最後の学年の2学期の半ばから卒業するまでに、

今、思い出すだけでも、更に幾多の試練がありました・・・。

 

・不登校気味で授業に出ていなかったために、数学の期末試験で赤点を取り、

 追試で及第点を取らないと卒業できないと言われたこと

 

・12月に入ってから、ある病気に罹り、

 年末に2週間の入院・手術をせざるを得なくなったこと

 

・歳の瀬も押し迫ってから退院し、

 家族全員(当時は、祖父母と両親と4人兄弟の8人家族でした)で迎えた

 正月の3日に、祖父が突然トイレで倒れて、即入院したこと・・・

 

この他にも大小織り交ぜて、いろいろな苦難がありましたが、

これらの話題は、ここでは割愛させていただいて・・・

 

 

さて、3学期の授業は1月だけで、2月からは自由登校となったために、

それまで学校に足も気も向いていなかった私としては、

何かホッとして、安心して学校を休んだことを覚えています( ´艸`)。

 

むしろ、正月に脳梗塞で倒れて入院していた祖父が、

引き続き予断を許さない状況でしたので、

私が家にいることは、家族にとっても何かと都合も良かったのです。

 

一方、私にとってはちょっとした壁だった数学の追試も、

なんとかクリアすることができ、無事、卒業も決まりました。

しかし、本来であれば、おめでたいはずの高校卒業も、

私にとっては、味気ない乾いた言葉として響きました・・・。

 

新年を迎えれば、大学入試を控えた受験生であれば、

最後の追い上げの時期であるはずですが、

私は、とうにそうした受験戦線からは外れてしまっていたので、

来年に繋げるために体験しておく、という意味だけで、

2月に私立大学を一校だけ受験しました。

 

その大学の合格発表より先に、

3月1日に高校の卒業式がありました。

 

私は、卒業式に出たいという気持ちも湧かなかったのですが、

その時期はまだ、クラスメイトのそれぞれの合否結果も出ておらず、

引け目を感じる度合いも薄かったこともあり、

気乗りのしないまま、卒業証書をもらいに登校しました。

 

その当時の高校の卒業式は、今以上に素っ気なく、

何らの感慨や感動も覚えることはありませんでした。

 

その数日後、

受験勉強らしい勉強は、ほとんどしていなかった報いとして、

当然のごとく大学の不合格通知が送られて来て、

私にとっての初めての大学入試は、文字通り「記念受験」となり、

その時点で、いわゆる「1浪」が決まりました。

 

卒業後、3月末までには、クラスメイトの合否もほぼ決まり、

悲喜こもごもの当落の様を垣間見るにつけ、

同じ浪人の身となった者もいたわけですが、

「自分は、あの連中とはわけが違う」との思いを、

振り払うことが難しかったことを覚えています。

 

「彼らは準備をして臨んで、そして敗れたのだ。

しかし自分は、その準備すらできなくて・・・、

言わば、戦わずして敗れた不戦敗。敗れざるを得なかったのだ」

 

もしも、自分がまともな高3生活を送れていたら・・・

きっと、浪人することなく第1志望の大学に合格し、

そして4月からは、中学生の時から決めていた「教師」になるために、

好きな歴史を楽しく学び、そして遊びも、バイトも・・・

 

しかし、いくらそんなふうに思ってみても、

所詮は犬の遠吠え、負け惜しみ。

臍を嚙むこと以外、ありませんでした。

 

「自分はいったい何をやってんだ。

 自分にとって、高校時代って、結局何だったんだ!」

との思い、否、恨みから抜け出すことは、

その後、相当の年月を要することになります。

 

♬15、16、17と

 私の人生暗かった

 過去はどんなに暗くとも

 夢は夜ひらく

 

圭子の夢は、夜開いたようですが、

しかし私の場合は、2年ずれて、

♬17、18、19と

 私の人生暗かった

 過去の暗さに苛まれ

 夢はまだ見えぬ

 

♬前を見るよな余裕なく

 後ろばかりが気にかかり

 どぶに落ちては泣きを見た

 夢はまだ見えぬ

 

♬周りがすべて馬鹿に見え

 自分は馬鹿ではないけれど

 気が付きゃ馬鹿の繰り返し

 夢はまだ見えぬ

 

♬一から十まで嫌でした

 忘れたくなる事ばかり

 されど忘れることできず

 夢はまだ見えぬ 夢はまだ見えぬ

 

と、歌いたくなるような、

まさしく「失われた青春時代」、

いや、「奪われた青春時代」そのものでした。

 

そしてその後、遅ればせながら、

本当の意味で、私が「青春時代」を取り戻すのは、

大学卒業と同時に高校教員となった、24歳を迎えてからとなります。

 

しかし、それはまだまだ先の話。

その前に、まずは血みどろの浪人生活が控えていたのです・・・。

 

                       (つづく)

 

更新情報を受け取る

神奈川県立高等学校教諭を経て、1995年度から神奈川県教育委員会生涯学習課にて、社会教育主事として地域との協働による学校づくり推進事業に携わる。

その後、神奈川県立総合教育センター指導主事、横浜清陵総合高校教頭・副校長を経て、2008年度から高校教育課定時制単独校開設準備担当専任主幹。

2009年11月、昼間定時制高校の神奈川県立相模向陽館高等学校を、初代校長としてゼロから立ち上げ、良好な人間関係の構築とセルフ・コントロールを目指す選択理論心理学を学校経営の根幹に据えた、日本初のクオリティ・スクールの創設を目指す。

2012年4月から神奈川県立総合教育センター事業部長を経て、2014年3月に神奈川県を早期退職後、学校法人帝京平成大学現代ライフ学部児童学科准教授として、教員養成に携わる。

2018年3月に大学を早期退職し、同年4月に、大学勤務の傍ら身につけた新手技療法「ミオンパシー」による施術所:「いぎあ☆すてーしょん エコル湘南」を神奈川県茅ケ崎市にオープンし、オーナー兼プレイングマネージャーとして現在に至る。

今すぐ予約が確定するオンライン予約はこちらから
その他、お問い合わせ等は、0467-87-1230(やな、いたみゼロ)まで。