ミオンパシーとは その2 慢性痛の原因とミオンパシーで改善できる理由

新手技療法「ミオンパシー」の開発者:いぎあ☆ステーション総院長の松尾毅が語る「ミオンパシーとは」の第2弾!

【概要】慢性の痛みの原因は2つ。ひとつは筋肉の酸素欠乏。二つめは、関節を包む関節包の痛み。

その原因は、筋肉と関節を守るシステムが働いた後、そのシステムが解除されないまま慢性化することです。

筋肉療法ミオンパシーは、このシステムの慢性化「筋肉ロック」を外して、

筋肉を元の正常な状態に戻すことで、慢性痛を改善する、唯一無二の手技療法です。

詳しくは、YouTubeでご覧ください!

 

 

 

更新情報を受け取る