正座をすると膝が痛い原因と改善方法

 

こんにちは。エコル湘南の北村です。

正座をすると膝が痛い。というお客さまがいらっしゃいました。

 

「正座をした時どこが痛いですか?」と聞いたところ、「膝の裏に痛みが出るんです。」と教えていただきました。

なぜこの質問をするかというと、「膝を曲げると膝が痛い」には主に2つの原因があるからなんです。

 

①膝を曲げると膝裏が痛い

この症状に関しては、ふくらはぎやハムストリングといった膝を曲げるときに使う筋肉が原因です。

足の裏側にある筋肉が硬く、短くなってしまっていることで縮みにくくなってしまい、挟み込まれることで痛みを感じてしまいます。

ですが、ここだけの筋肉をやれば改善するかというとそんなことはないのです。

実は股関節をまたいでいる筋肉が硬くなることで、骨盤が歪みます。

そうすると少しスクワットをするような体勢で立ったり歩いたりすることになります。

この状態が続くとハムストリングや腓腹筋に負担が掛かり続けてしまい、筋肉が硬くなってしまうのです。

ですので、根本的に改善するためには股関節をまたいでいる筋肉も一緒にやわらかくすることが重要になってきます。

 

②膝を曲げると膝の関節、もしくは中の方に痛みが出る。

この症状に関しては大腿直筋を含む大腿四頭筋や靭帯などが硬くなっていることが主な原因になってきます。

膝関節をまたいで付いている筋肉が硬くなることで、短くなり伸びにくい状態が作られます。

そうすると膝の関節に負担がかかってしまいます。このことで痛みを感じてしまうのです。

もちろんこの症状も、股関節をまたいでいる筋肉もやわらかくする必要がありますので、同じように一緒にゆるめていくことが重要になってきます。

 

またまれに膝を曲げると膝の関節が痛い。だけど人に曲げられると痛くない。

という方がいらっしゃいます。この症状は自分で曲げる時は膝を曲げる筋肉を使いますが、人に曲げてもらう時は使うことがありません。

ですので、曲げる時に使うハムストリングや腓腹筋が硬くなることで、縮みにくくなってしまい痛みを感じてしまうのです。

 

ではどうしたら改善できるのでしょうか?

まずは自分がどちらのタイプなのかを知ることが重要です。

痛みを感じるまで出なくていいので、膝を曲げてみてください。膝の関節なのか、奥の方なのか、膝裏なのか

これを知ったら次はどこの筋肉をやれば改善するかを知ることが重要です。

最初にハムストリングなどをやることは難しいので、まずは股関節をまたいでいる筋肉から改善していってみてください^^

 

この方はまだ痛みは軽減しているけど、まだ痛い!ということでしばらく来店してくれるそうです。

痛みがなくなったときに、お客さまの声をご紹介できればと思っています。

更新情報を受け取る