あの日、あの時、あの場から~人生は出逢いで決まる③~ 

前回の記事はこちら

首も打っているので2、3日湿布して様子をみて…

救急車両に早変わりしたバスで、一人診療所に運ばれた私は、問診の後、レントゲン撮影をはじめ、一通りの検査をしました。

そして、担当の医師から「特に異常はないですね。出血も止まっているし、ただ、肩を打撲しているので、湿布薬を出しておきます。これで様子を見てください。」と言われました。

検査の途中からは、バス会社から連絡を受けた親戚の叔父さんが、車で迎えに来てくれていたので、診療所から叔父さんの家に向かい、そこでともかくも安静にすることにしました。

バス会社の上役の人も診療所に来て、そのまま叔父の家まで同道し、改めて私と叔父。叔母に謝罪したうえで、また、出直すとのことで引き揚げていきました。

 

その後、しばらくは居間でお茶を飲みながら、「大した怪我でなく良かったね」に始まり、高校受験のことや入学後のことなどが話題となり、やれやれといった感じで一息ついていたのですが、「でも、少し横になっていたほうがいい、なにしろ頭を打っているのだから」との言葉で、言われるがまましばらく横になることにしました。

 

布団には入りましたが、興奮状態だったためか、頭の中でいろいろなことが思い起こされ、とても眠るというわけにはいきません。

そして小一時間ぐらい経った頃でしょうか、何か頭がズキズキ痛くなってきて、首の辺りも突っ張っているような不快な感じに襲われてきました。少し吐き気も催してきたような…。

 

だんだん我慢できなくなった私は、叔父叔母にそのことを告げました。

すると、叔母の「だからあんな町はずれの流行ってない診療所なんかじゃだめだと言ったんだ!町のちゃんとした整形外科に診てもらわないと!」という言葉に従い、叔父はまた私を車に乗せ、街中でビルを構えて、いかにも流行っていそうな整形外科病院に私を連れて行ってくれました。

そしてまた一から検査のやり直し。

それだけで疲れてしまいました。

検査後の診察で、お医者さんは私に「たいしたことではないと思いますよ。熱は少しあるようだけど、血圧も正常だし。ただ、突然のことでビックリして、ショックを受けたので、興奮しちゃって頭痛がしているのだと思う。でも、首も打っているようなので、とりあえずは2、3日湿布して様子をみて。で、横浜のほうに帰ってから、調子が悪いようなら、そちらのほうでまた診てもらいなさい」。

 

なんとも今考えると、いい加減なお医者様だったとは思いますが、「たいしたことではない」との言葉をすっかり信用し、その後数日間、首に湿布の包帯を巻きながらも、しばし田舎での寛ぎの時を過ごすことができました。

確かに、首や頭の痛みも、しだいに薄らいでは来ていたので。

そしてアクシデント含みの小旅行も終え、3月末に、迎えに来てくれた父に伴われて横浜の自宅へと戻ってきてからは、4月から始まる憧れの高校生活に思いを馳せ、前途洋々とした気持ちで入学式を待ち望む日々を送りました。

その時の私は、この事故での怪我が、その後の自分の人生に、大きく影を落とすことになることなどは想像だにせずに…。

(つづく)

更新情報を受け取る

神奈川県立高等学校教諭を経て、1995年度から神奈川県教育委員会生涯学習課にて、社会教育主事として地域との協働による学校づくり推進事業に携わる。

その後、神奈川県立総合教育センター指導主事、横浜清陵総合高校教頭・副校長を経て、2008年度から高校教育課定時制単独校開設準備担当専任主幹。

2009年11月、昼間定時制高校の神奈川県立相模向陽館高等学校を、初代校長としてゼロから立ち上げ、良好な人間関係の構築とセルフ・コントロールを目指す選択理論心理学を学校経営の根幹に据えた、日本初のクオリティ・スクールの創設を目指す。

2012年4月から神奈川県立総合教育センター事業部長を経て、2014年3月に神奈川県を早期退職後、学校法人帝京平成大学現代ライフ学部児童学科准教授として、教員養成に携わる。

2018年3月に大学を早期退職し、同年4月に、大学勤務の傍ら身につけた新手技療法「ミオンパシー」による施術所:「いぎあ☆すてーしょん エコル湘南」を神奈川県茅ケ崎市にオープンし、オーナー兼プレイングマネージャーとして現在に至る。

今すぐ予約が確定するオンライン予約はこちらから
その他、お問い合わせ等は、0467-87-1230(やな、いたみゼロ)まで。