あの日、あの時、あの場から~人生は出逢いで決まる⑪~

前回の記事はこちら

歯が痛い? いや、俺は眼が痛いんだ!

渋谷のジャン・ジャンで「授業」を観劇し・・・、

 

それまで、18年間生きてきて、コンサートやピアノリサイタルなどは、

大きなホールで鑑賞したことはあったけれど、

プロが演じる本格的な劇を、おまけに役者に手が届きそうなほどの近距離で

間近に観るという経験は、私はその時が初めてでした。

しかも、後に伝説となった、名優中村伸郎の渾身の演技を目の当たりにして、

少なからぬ感動を覚えたことを、今も新鮮な感覚で記憶しています。

もうすでに42年もの歳月が過ぎてしまったのですが・・・。

 

とにもかくにも、その翌日から、長く、饒舌かつ難解な台詞を覚える日々が続きました。

何とか夏休み中には立ち稽古に入らないと、9月の文化祭の本番までに間に合わない、

ということで、私は必死に台詞を覚えました。

というのは、この劇の登場人物は、たったの3人ですが、

そのうちの一人はメイド役で、ちょい役。

教授(私)の相手役の女生徒は、登場場面のほとんどは舞台の上の椅子に座りっぱなし。

そしてその舞台は、と言えば、体育館のステージで、客席とは1メートル超の段差が。

つまり、女生徒が座っている椅子の前の机の上に、台本をちゃっかり置いていても、

観客たちの位置からは、それが何かは見えず、教科書でも見ているのだろう、

ということでバレないのです(笑)。

 

そして主役の私はと言えば、女生徒が座る、その椅子と机の周りを

ウロウロと歩きながら、立ちっぱなしで矢継ぎ早に語り続けなければならず・・・、

したがって、丸暗記が絶対条件だったのです(´;ω;`)ウッ…。

 

そこで、私は演出担当の「オタク」君に、台詞をテープ録音してもらい、

ひたすら耳から台詞を覚える日々、日々、日々・・・。

自分でも、その時は驚異的な記憶力を発揮した、と感心しましたが、

確か、1週間ほどで、ほぼ完璧に(?)台詞をマスターすることができました。

 

そして、間もなく立ち稽古が始まり・・・。

 

といっても、皆、演劇部員でもなく、素人なわけですから、

当初は、棒読みの台詞と台詞のぶつけ合い、といった感じで、

まったくサマにはなっていなかったと思いますが、

この難しい劇を、なんとか自分たちなりに、高校生なりにモノにしたい、

という意欲と熱意だけは、十分にあったと思います。

 

YouTubeで「授業」の録音を聞かれた方は、お分かりと思いますが、

この劇は、教授の異常さと狂気を描いたものですが、

劇中、何度も失笑してしまうようなやり取りも、多く散りばめられています。

なので、演じるのが難しいながらも、楽しく取り組むこともできました。

 

ただ、私の眼は9月に入っても、相変わらず痛く・・・。

少しも治る気配はありませんでした。

 

実は、「授業」は、後半に入ると、

相手役の女生徒は、教授の執拗かつ理不尽な“口撃”について行けなくなり、

身体的にも拒絶反応を示すようになります。

その象徴が「歯痛」。

女生徒は劇中、「歯が痛い!」「歯が痛い!」「歯が痛―い!!!」と

連呼・絶叫する場面が何度も出てきます。

稽古で、何度も何度も、その同じ台詞をやり取りしているうちに、

教授役を“演じて”いたはずの私は、疲労と苦痛と興奮とで混乱し、

思わず、「なに?歯が痛い??? 俺は眼が痛いんだよ!!!」

と、台本にない台詞を怒鳴り返してしまうことが、一度ありました。

しかし、そんな錯乱も、傍で見ているとまったく違和感がないような、

それほど激しく異様な劇であり、またその特訓のあり様でした・・・。

私にとっては、まさしく修羅場でした。

 

自分は授業をまともに受けられないのに、

そんな自分が授業を授ける役を演じるなんて・・・、

今、思えば、あまりにも皮肉な巡り合わせでもありました。

 

そして、数日が過ぎ、

悪戦苦闘を重ねた末に迎えた、文化祭での上演当日・・・。

なんと、ステージ上には、大きな落とし穴が待ち受けていたのです。

 

                                                                           (つづく)

更新情報を受け取る

神奈川県立高等学校教諭を経て、1995年度から神奈川県教育委員会生涯学習課にて、社会教育主事として地域との協働による学校づくり推進事業に携わる。

その後、神奈川県立総合教育センター指導主事、横浜清陵総合高校教頭・副校長を経て、2008年度から高校教育課定時制単独校開設準備担当専任主幹。

2009年11月、昼間定時制高校の神奈川県立相模向陽館高等学校を、初代校長としてゼロから立ち上げ、良好な人間関係の構築とセルフ・コントロールを目指す選択理論心理学を学校経営の根幹に据えた、日本初のクオリティ・スクールの創設を目指す。

2012年4月から神奈川県立総合教育センター事業部長を経て、2014年3月に神奈川県を早期退職後、学校法人帝京平成大学現代ライフ学部児童学科准教授として、教員養成に携わる。

2018年3月に大学を早期退職し、同年4月に、大学勤務の傍ら身につけた新手技療法「ミオンパシー」による施術所:「いぎあ☆すてーしょん エコル湘南」を神奈川県茅ケ崎市にオープンし、オーナー兼プレイングマネージャーとして現在に至る。

今すぐ予約が確定するオンライン予約はこちらから
その他、お問い合わせ等は、0467-87-1230(やな、いたみゼロ)まで。