セルフ整体を日常に入れるコツ

 

こんにちは。エコル湘南の北村です。

 

先日の帰り道のお話しをさせていただこうと思います。

先日は21時まで施術をしての帰宅でした。

施術以外の時間はパソコン作業をずっとしていたので、最後の施術中に少し首に違和感を感じていました。

私たちミオンパスも同じ姿勢を取り続けたりすると、筋肉はロックします。

筋肉のロックは体を守る仕組みなので、自分の体にとって無理をしてしまうとロックしてしまうのです。

帰りは最近はまっているゲーム(笑)があるので歩いて帰ったりしているのですが、首の違和感もありゲームをやる気にもならず、バスに乗って帰りました。

駅に着いても違和感を感じたのもあり、さらに21時まで頑張った!!という自分に対してのご褒美に(笑)グリーン車に乗って帰りました。

ただ座ってゆっくり帰るのも、もちろん自分に対してのご褒美になるのですが、ただ座るだけなのももったいない。

首の違和感は変わらずある!ということで。。

首の付け根まで付いているセルフ整体をしながら帰ることにしました~!

 

写真のように窓側に座っていただき、窓枠?に腕を乗せ、肩甲骨と背骨を寄せるように、そして肩を首に近づけるように寄せて90秒。。。

ここで注意点!首を肩に近づけるのではなく、肩を首に寄せていく感じです。

ゆっくりと腕ではなく、体を腕から離していくように、戻します。

体をゆっくりと離したらこれだけで首の違和感が緩和します。

もちろん、これ以外の筋肉のロックが原因であれば話しは別ですが、私はこれを3回くらいセルフ整体をしてかなり違和感がなくなりました。

体に違和感や痛みなどを感じさせてしまう筋肉はたくさんあります。

全ての筋肉のセルフ整体を覚えるのは大変ですが、まずは基本の筋肉のゆるめ方を手に入れ、そのあと少しずつ色々な筋肉のゆるめ方を覚えると何かあったときに役に立ちますよ~!

そして、日常の生活の中に取り込むには毎日一か所だけでもいい!どこかで筋肉をゆるめるということをすること。

10分、15分って短く感じますが、毎日!と思うと難しくなってしまいますよね。

ですが、座っているだけの時、立っているだけの時など、動かなくてもいい時にセルフ整体を取り入れるクセをつけておくと、日常で違和感を感じた時にすぐにセルフ整体をやれるようになります。

なんとなくでもいいんです!続けることが最初はとても大事なんです。

動かなくてもいい時にどこの筋肉をゆるめることができるのかを考えるクセをつけると、たくさんのセルフ整体を覚えた時に、これができる!!と思い出すことができます。

まずは覚えたセルフ整体を動かなくてもいい時にゆるめられるか考えて、そのあと1つずつ覚えながらこれなら今できる!!と少しずつ増やしていく。

これが日常生活に取り入れられるポイントです。

もちろん、人により様々なのでこれだけではないと思いますが、日常に取り込めるポイントとしてお話しさせていただきました。

全てを一気に!!は難しいので、少しずつあなたの人生が変われるようなセルフ整体をお伝えさせていただければ嬉しいです^^

 

写真の顔は目が怖いですが。。窓に映る腕の角度がどこが写りやすいかを考えています(笑)

次回は顔も考えて撮りたいと思います。。あっっ。ちなみにグリーン車内には誰もいませんでしたよ〜!

更新情報を受け取る