腰痛のために腹筋はしたほうがいい?

 

こんにちは。エコル湘南の北村です。

 

この前お客さまから聞かれました。

 

「腰痛を改善するために腹筋をしなさい!っていわれたんだけど、やってもいいんですかね??」

さてこの言葉ってよく聞きませんか?

「あなたには筋肉がなさすぎる。だから腰が痛くなるんだから、腹筋をしなさい。」

 

本当にしたら改善するのでしょうか?もちろん改善した人もいらっしゃいます。

 

根本的に改善したかというと、どうなんでしょうか?筋トレをして痛くなくなった腰痛は筋トレをやめたら腰が痛くなりそうな感じがしませんか?

 

そして筋トレをして悪化した人がいるのも事実です。

やって痛みがなくなった人、悪化した人がいるってなんだか変な感じがしませんか?

やり方のせいなのでしょうか?回数のせい?時間が足りない??

でも、できれば筋トレをしなくても腰の痛みに悩まされないような体を手に入れたくないですか??

 

実は筋トレをして痛みが消えたという方は、体に自前のコルセットを作ったのです。

コルセットをすると腰痛は軽減しませんか?

腹筋をすることでお腹周りの筋肉を硬くして、ガチッと硬めてコルセットを作り痛みを中に閉じ込めてしまっているのです。

ですので、腹筋をし続けないとまた腰痛が出てしまうんです。

そしてお腹周りを硬くしてしまっているので、可動域が減ってしまいます。

痛みはないけど、体は硬い。動かしにくいという状態になってしまうんです。

そしてしばらくすると体の別のところに痛みが出てしまう。という方がたくさんいらっしゃいます。

 

腹筋の仕方がそもそも間違えている。という方もいらっしゃいます。

腹筋はおヘソを見るくらいでも鍛えることができます。

膝を曲げて上半身を起こす腹筋は実は腹筋ではなく、股関節を鍛えているんです。

腹筋と言われている腹直筋は股関節をまたいで付いているわけではありません。

いわゆる腹筋を思い出してみてください。股関節を縮める動きをしていませんか?

実は腹筋をすることで、股関節をまたいで付いている筋肉に負担をかけてしまっているんです。

 

 

とりあえず腰の痛みがなくなればいいんだ!という方もいらっしゃるので、否定はしません。

ただ人生100才!と言われているこの時代、70才になっても80才になっても筋トレをし続けたいですか??

今、少しだけ自分の体のメンテナンスをする時間を作って、将来筋トレしなくても大丈夫な体を手にしていたほうが楽じゃないですか?

 

そして筋トレをして悪化してしまった方は、あなたのせいではありません。

まだ一般的な考え方として、筋トレがいい!となってしまっているのでしょうがないのです。

 

でも!!悪化してしまっても今このブログを読んでいるあなたはきっと改善しますよ。

自分でも筋肉のロックを解除できるんです!

まずはなぜ体に痛みが出るのか?その原因を知って見てくださいね。

 

 

 

 

 

更新情報を受け取る