腱鞘炎の原因

こんにちは。エコル湘南の北村です。

昨夜、うどん屋さんを経営している方にお会いしました。

週一の休みで、朝から夜まで仕事をしていて腰は痛いし腕は触られるのも嫌なくらい痛い!腱鞘炎なんだよね。とおっしゃっていました。

 

その方、小さいお子さん3歳かな?がいるのですが抱っこできないくらい痛いそう。。

それは抱っこしてもらえないお子さんも辛いし、抱っこしたくてもできないお父さんも辛い!と思い、少しお試しでやりますか?と聞いてみました。聞いてみたのは私ではなくそこのマスターですが(笑)

 

すっごくミオンパシーを気に入ってくれているマスターで、90秒ジッとしてるだけでよくなるんだよ!不思議なんだけどスゴイんだよ!試した方がいいよ!と勧めてくれました。

しかもその方、私が行きたかったうどん屋さんのマスター!これはぜひにでもよくなってもらわないと!!(笑)ということで

 

まずはきちんと股関節をまたいでいる筋肉から改善。

腰痛や肩こりの主な原因と私たちが考えているインナーマッスルの大腰筋などをゆるめました。

そこで一度立ってもらい動いてみたら、あれ?立ちやすい!あれ?腰が痛くない??

えっ?何で?何で?と不思議な顔で私を見ていました。

 

まぁ、お酒の席で詳しく説明してもあれなので、フフフッと笑っておきました(笑)

 

そのあと、腕にある筋肉をゆるめました。

実は腕の筋肉のゆるめ方は簡単なのです。

触られるのも痛いので最初は嫌がっていましたが、ゆるめる姿勢を取ると痛みが消える!

あれ?とここでも不思議そうな顔をしていました。

実際に施術をしたのは15分弱ほどですが、椅子から立ち上がるときの腰の楽さと、手首を動かしたときの痛みの軽減にびっくりされていました。

 

腱鞘炎は手首に痛みが出ることが多いのですが、手首に原因があるわけではありません。

手首を動かすときに前腕を握りながら動かしてみてください。

前腕の筋肉が動きませんか?

 

実は手首を動かすときに使う前腕の筋肉がロックしているため、手首の関節に負担がかかり痛みが出ているんです。

もちろん前腕だけが原因ではないので根本的に改善するのであれば他の筋肉もゆるめる必要があります。

ですが、腱鞘炎をずっと抱えて我慢しながら仕事をするよりも、とりあえずでもいいから痛みから解放されたくないですか?

 

まずは写真を見て試してみてください。

きっと不思議な感覚になると思いますよ~!

 

あっ。そのお父さんですが少し痛みが緩和したので、セルフ整体をお伝えしました。

実践してくれてると嬉しいなぁ~!

そしてこのことから、1日10分でも15分でも一箇所ずつでもいいからセルフ整体を続けると体の痛みからきっと解放される!と再度思いました。

もちろん私たちが施術するのと同じ効果がある!と言い切れるかはわかりませんが、やらないよりも続けて試してみる!というのはきっといいことがあると思います。

ぜひ、あなたも試してみてくださいね。

 

筋肉が硬くロックする仕組みはこちらから

更新情報を受け取る