パンシェすると膝裏が痛い方へ

 

こんにちは。エコル湘南の北村です。

さて今回はパンシェすると膝裏が痛い方

 

前回は股関節が痛い方へむけてお伝えしましたが、パンシェをして痛みが出るのは股関節だけではなく、膝裏に出る方もいらっしゃるんです。

ではなぜ膝裏に痛みが出るのでしょうか??

実はこの痛みも筋肉のロックが原因なんです!

 

ではなぜ痛みを感じるのでしょうか??

筋肉がロックしているのには変わりありませんが、ロックにも痛みを出す種類があります。

全部とは言えませんが、パンシェをした時に膝の裏が痛いのは、ロックした筋肉が縮みにくくなることで痛みが出てしまうことが原因です。

筋肉は本来、縮むことしかしません。手動筋になる筋肉が縮むことで拮抗筋となる筋肉が伸ばされるのです。

拮抗筋となる筋肉が伸びにくくなることで関節に負担がかかり痛みを感じることの方が多いですが、手動筋となる筋肉が縮まないことで筋肉そのものに痛みを感じることがあります。

ここで私たちが注意していることは「パンシェして膝が痛いんです」と言われたときに、どの瞬間に痛いのか、どこに痛みを感じるのか

動かしてみて、この瞬間はここだけど、この瞬間はここが痛い。と動きによって痛みがでるところはひとそれぞれ違います。

ですので1つ1つ動きを確認しながら、どこが痛いのかを聞いてどの筋肉が原因なのかを探っていくことが大事です。

ご自身でも、やったら痛い。ここが痛い。ではなくどう動かしたら痛いのか。そのときにどこに痛みが痛いのか。これだけを意識することで、痛みを改善する期間が短くなります。

そして筋肉のロックが原因であれば筋肉のロックを解除してあげる方法さえ知っておけば、痛みから開放されると思いませんか?

ロックを解除する方法は実は自分でもできるんです。

まずは簡単な筋肉をゆるめてみて体感してくださいね^^

もっと興味がある方は「セルフ整体マンツーマン・オンライン」または対面式の教室もやっておりますので

いぎあ☆すてーしょんエコル湘南までお問い合わせください。

 

 

更新情報を受け取る